■ ご挨拶

 

 横浜開港160周年の節目の年、おかげさまで「横浜スパークリングトワイライト」は8回目の開催を迎えることになりました。世界各国の色鮮やかな民族衣装や日本の神輿が披露されるパレード、様々なジャンルのダンスや音楽が繰り広げられるステージ、港の夜空に打ち上げられる花火、海面を彩るイルミネーションシップなど、実に多彩なプログラムが予定されています。御協力いただいている関係者の皆様方には、改めて感謝申し上げます。
 横浜では今年、第7回アフリカ開発会議、ラグビーワールドカップ2019TMが開催され、広く内外から注目が集まります。世界に開かれた港とともに発展してきた街・横浜の賑わいづくりと魅力発信に、これからも地域の皆様、企業・団体の皆様と御一緒に取り組んでまいります。
 「横浜スパークリングトワイライト」の開催に向けて、是非とも御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 横浜の「海」と「港」を舞台に、世代を超えた交流と新たな賑わいの場をつくっていきたいとの思いから「横浜スパークリングトワイライト」を開催してまいりました。
 お陰様で昨年は63万人もの方々にお越しいただきました。関係する多くの皆様からの御支援・御協力に心からお礼申し上げます。
 山下公園前海上での花火の打上げや海難救助のデモンストレーション、山下公園通りでの国際色豊かなパレードや山下公園内での横浜の老舗やアジアの食の出店など、横浜開港160周年となる今年もさらに充実した内容となるよう努めてまいります。多くの皆様が横浜の夏の風物詩としてお楽しみくださり、「海」と「港」の魅力を存分に堪能していただけるものと思います。
 開催にあたりましてはこれまで同様安全に十分に配慮し、地元の皆様とともに盛り上げてまいりますので、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。